洋服を売る時にはまず思いつくのはリサイクルショップ!

リサイクルショップで洋服を売る

洋服を売る時に多くの人が思いつくのは、リサイクルショップだったり、古着屋でしょう。

 

リサイクルショップ、古着屋のどちらに出すべきか迷うところですが、少しでも高く洋服を売るなら古着屋のほうが少し有利かもしれません。
古着屋は洋服に特化にしているので、専門知識のあるスタッフが一点一点丁寧に査定してくれます。

 

しかしその分、シミや汚れや傷など状態はシビアに査定される傾向にあります。
そして、どこのブランド品なのかということや、付属品などの有無も買取価格に大きく影響してくることと思われます。

 

また、お店にもよりますが、基本的にはブランドの洋服を扱っているところが多いので、ノーブランドの洋服だと買取不可とされてしまうかもしれません。

 

何でも買取対象なのがリサイクルショップの特徴

その点、リサイクルショップは幅広い商品を取り扱っているのでノーブランドの洋服や、古着屋で買取不可とされてしまった洋服でも買い取ってくれる可能性も高くなります。
しかも、ファッション小物なども古着屋に比べると、対象商品が多いかと思います。

 

というわけで、古着屋に比べると、少々買取のハードルが低くなるのがリサイクルショップの特徴です。

 

中には、洋服の重さで買取を行っているお店もあったりするので、とにかく手っ取り早く売りたい、という時はリサイクルショップを利用するというのもアリかもしれません。
しかし、買取のハードルが低くなる分、高額査定はあまり期待しないほうがいいと思われます。
もちろんお店によって買取価格の基準は異なりますが、基本的には買い叩かれる傾向が強いというのもリサイクルショップの特徴です。

 

結論として、手っ取り早く洋服を売るなら古着屋やリサイクルショップの利用はおすすめですが、少しでも高く売りたい方にはフリマアプリや宅配買取サービスをおすすめします。
どの方法にもメリットやデメリットがあるので、それぞれの特徴を掴んで、自分にぴったりな方法を見つけましょう^^